【原油価格の推移】

原油価格の推移2003年~ (keio.ac.jp)

*検索サイトなどから直接このページに来られた方へこのページは延近研究会共同研究「イラク戦争を考える」の一部です。
共同研究の概要やさまざまな参考資料へのリンク,「対テロ戦争」関連年表などを含む完全な形で表示するには,共同研究「イラク戦争を考える」のトップページに移動してください。また,「延近 充の経済学講義」のホームページはこちらです

原油価格の推移2003年~ (keio.ac.jp)

新規感染者数で騒ぐの止めませんか?

20210801 更新

新型コロナウイルスに対するワクチン接種により、死に至りやすい高齢者の新規感染者数は減っています。これからは新規感染者数の増減ではなく、死者数の増減で政策決定がなされるべきだと思います。

ワクチンだけでなく経口薬も研究開発が進んでいます。新型コロナに対する対応はインフルエンザと同じでも良い状況まで来ているのでは?過剰な不安を煽り必要以上の対応を迫るのはもうやめるべきです。






7月19日に感染防止のための規制がほぼ解除されたイングランドの新規感染者数の推移(7日間平均)
england covid – Google 検索

日本政府も覚悟を決めるべき時に来てるんじゃないの!

英ロンドンのナイトクラブが、「自由の日」を迎え、17カ月ぶりに営業を再開した。
https://twitter.com/BloombergJapan/status/1422048978154164229


空き30万病床の転用進まず: 分科会、医師会、いい加減にして。
https://twitter.com/kimuramoriyo/status/1421404094418210816


結論として、コロナは日本人にとって怖くない。国民にそれを啓蒙し、実害のない「新規陽性者数」に一喜一憂せず、コロナ対応病院を援助し、第2類感染症指定をはずすことで医療崩壊は防げる。そしてこの「日本の特権」を活用し、このまま基本的な感染対策を遵守し、国民の生活と経済優先で進めるべき。
https://twitter.com/Ohki_TakaoMD/status/1421012891860230144


新型コロナの最初から飲める経口薬 いよいよ結果が! – YouTube




新型コロナウイルス感染症の新規陽性者数(65歳以上)
新型コロナウイルス感染症の患者発生状況について 東京都福祉保健局 (tokyo.lg.jp)


※参考サイト 都内の最新感染動向 | 東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト (tokyo.lg.jp)


英イングランドの感染対策ルール、ほぼ全廃へ 首相が表明 – BBCニュース

ただ、1日あたりの感染者は今月中に5万人に上ると予測されていると警告。「悲しいことだが、(新型ウイルス感染症の)COVID-19で今後も死者は増えるという事態と、私たちは折り合いをつけなければならない」と話した。

日本のマスコミ迎合政権と大違いですね。

とにかく今は、治療薬の開発が急務です。飲み薬が開発されれば、このコロナ騒動は終了するでしょう。

体調不良

近所の医療機関を受診

コロナ陽性

治療薬処方 4,5日の自宅療養

完治

治療薬が出来たらこんな流れになるのだと思います。
【ご参考】メルク、コロナの飲み薬販売へ 米政府に1300億円で [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル (asahi.com)

あと早急に5類に指定すべきです。
【ご参考】新型コロナ: コロナ、感染症法上の扱い見直し検討 厚労相が表明: 日本経済新聞 (nikkei.com)

【ご参考】門田隆将氏のツイートを貼り付けておきます。

https://twitter.com/KadotaRyusho/status/1412243208516497421


英イングランドでは7月19日に感染防止のための規制がほぼ解除されました。ところが感染者数は・・・???

イギリスのコロナ新規感染者が6日連日で減少 デルタ株によるピーク越えた可能性|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト (newsweekjapan.jp)


『新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要』が、ない!

厚生労働省のホームページに『厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会)』と言うページがあって開催日や話の内容、資料などが閲覧できます。下にリンクを貼っておきます。
厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会) (mhlw.go.jp)

んで、上記ページの第58回と書かれた行の5列目に資料と書かれたリンクがあります。下にそのリンクを貼っておきます。
第58回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第5回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催) 資料 (mhlw.go.jp)

その中に『資料1-3 新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要』と言う項目がありますので、そこをクリック。下にリンクを貼っておきます。
000778304.pdf (mhlw.go.jp)

表示されたページを下の方へスクロールすると『【別紙1】 新型コロナワクチン(コミナティ筋注、ファイザー株式会社)接種後に死亡として報告された事例の一覧(令和3年2月17日から令和3年5月7日までの報告分』と言うタイトルの表が出てきます。内容はお亡くなりになった方々の状況が記載されています。

その表の列の一つに『基礎疾患等』と書かれた列があり、服用中の薬の記載もあります。お亡くなりになられた39名のうち2名の方はバイアスピリンを服用していようです。

実は私もバイアスピリンを服用中です。10年ほど前に中大脳動脈狭窄症と言う病気になり、それ以来血液がサラサラになるシロスタゾールと言う薬を飲み続けております。先月末3日間、血流に問題がないか検査入院しました。その時、薬の影響による頻脈と言うことで、ソロスタゾールからバイアスピリンに薬を変えました。

今月5月4日に1回目のコロナワクチンを何も知らずに打ちました。バイアスピリンは1週間ほど使っていたことになります。2回目のワクチンは5月26日を予定しており、現在は少し残っていたシロスタゾールに私の独断で変えております。バイアスピリンと死亡との間に医学的な因果関係があるのかどうかは解明されていないのでご注意ください。

さて直近の厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会)第59回は、5月21日に開催され資料も閲覧可能ですが、

今まで掲載されていた『新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要』の資料が見当たりません。

死者がいなかったのかも知れませんが、どういう状況でお亡くなりになったか、少しでも詳しく知りたいでので、厚労省には速やかに開示して頂きたいです。

中国不動産ネタ2題⇒3題

↓3月10日追加

03-10 巨額債務償還期限到来で淘汰が始まる – YouTube

全人代開催中でも暴落する中国株って大丈夫か?
今回は不動産にまつわるお話です。

その1 03-06 浮き沈みが激しすぎる巨大企業の栄枯盛衰 – YouTube  
その2